2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
フォト
無料ブログはココログ

2015年2月 8日 (日)

松陰神社と豪徳寺

2月初め、久しぶりにカメラを持って出掛けた。

以前から行きたいと思っていながら中々行く機会がなかったところ・・・

それは、世田谷区にある「松陰神社」

長州藩の偉人吉田松陰を祀る神社だ。

なぜここに松陰神社があるか、詳細は知らずにいたが

安政の大獄で処刑された後、文久三年(1863)に松陰の門下生であった

高杉晋作、伊藤博文等によって、当時長州毛利藩主毛利大膳大夫の所領で

大夫山と呼ばれていたこの地に改葬された。と説明があった。

そして、明治15年(1882)11月松陰門下の人々が相談し、墓畔に社を築いて御霊を祀り、神社が創建されました。

とある。
今回は東急世田谷線その名も「松陰神社前」から歩き出す。
Img_9311_2
(EOS-KissX3/EFS18-55)
鳥居をくぐり、参道を進んでいくと立派な社殿が見えてくる。

祭神は吉田松陰こと「吉田寅次郎藤原規方命(よしだとらじろうふじわらののりかたのみこと)」

とある。
Img_9322
(X3/EFS18-55)

この社殿の作りが一種独特とみたが、それを考察する知識がない。

奥の社殿の屋根につく千木や鰹木の配置がクロスしたかたちになっている

あまり見たことがない構造。
それはそうと説明板にあったお墓をお参りしようと左側へ移動。

鳥居を二つくぐっていくと右手に石柱に囲まれたお墓が現れた。

_mg_9333
(X3/EFS18-55)
ここにもきちんと説明板が掲げてあり、わかりやすい。
銘をよく見ると祭神名の通りの名が刻んであった。


Img_9332
(X3/EFS18-55)
社殿の右手には「松下村塾」が再現されている。

わざわざ山口県萩まで行くことなく松下村塾を見られるのはありがたい。

もちろんこちらはレプリカなのだが、木材の切れ込みなどこれでなかなかよくできている。


_mg_9324
(X3/EFS18-55)
入口左手にさりげなく今年の大河「花燃ゆ」のポスターが貼ってあった

さりげなくというには、画面構成上あまり芳しくないか・・・

もう少し控えめにお願いしたいところ。


そして、ここから程なく歩いていくと『世田谷城』跡がある。
たしかタモリ倶楽部かブラタモリでで中継したことがあったような気がする。

写真は割愛。

世田谷城後の横には地名にもなっている『豪徳寺』がある。
正式名称は『大谿山豪徳寺(だいけいざんごうとくじ)』。

曹洞宗の大層立派なお寺さんである。
それもそのはず江戸幕府大老を務めた井伊直弼の墓があるれっきとした井伊家の菩提寺だ。

Img_9379
(X3/EFS18-55)
   
説明書きによると、豪徳寺は、世田谷城主吉良政忠が、文明12年(1480)に亡くなった伯母の菩提のために建立したと伝える弘徳院を前身とする。
そして寛永10年(1633)彦根藩世田谷領の成立後、井伊家の菩提寺に取り立てられ、

藩主直孝の法号により豪徳寺と改称した。

とある。

奇しくも、谷ひとつ隔てて安政の大獄を企てた井伊直弼の墓と投獄され刑死された吉田松陰のお墓が

こんなに近くにあるとは何か因縁めいたものを感じる。

近年はそんなことより「招き猫」のお寺の方で有名になって、猫好きの方々に注目されている。

それがこれだ!

Img_9362
(X3/EFS18-55)

ちょっとエグザイルっぽいかと思って撮ったけど、いまひとつ。

しかし、これはやはり商売繁盛なのかな・・・
大中小極小と招き猫が奉納してある。


Img_9360
(X3/EFS18-55)

これだけあるとやはり迫力あるな。

最後に、吉田松陰先生の坐像を掲げて今回のブログはおしまい。


Img_9337
(X3/EFS18-55)
後記:何だかブログアップするのに期間が空きすぎて要領を忘れてしまった。
今年はぼちぼちアップするようにしたいという所存であります。

2013年5月19日 (日)

松山遍路(3)山荘編

松山遍路の後半、今回のメインイベントのひとつ「石鎚山」登頂である。

「石鎚山」は西日本最高峰にして標高1982m。

そうそう簡単に登れるものではない。

山岳信仰の山らしく石鎚神社の名を冠する神社が登山口に2カ所

頂上に1カ所ある。


我々は早朝起床し、石鎚スカイラインを通ってぐんぐんと高度を稼ぎ

土小屋(標高1492m「伊予の国」と覚える)に取りつく。

ここからだと往復4時間半の行程。近い。

土小屋からはくっきりと頂上が見え、右下に「石鎚頂上社」が確認できる。

01
(EOSKiss)


さて、石鎚山行を終えた我々は帰途第45番札所「岩屋寺」を横目に見ながら

古岩屋荘で遅い昼食をとる。

岩屋寺は長〜い参道で知られるが、いつかここにも挑戦したいものだ。


で、今回のメインイベントのひとつ「篠さん別荘」を堪能する。

古民家を改装して見違えるようになっていて、我々の想像を超えた出来映えだ。

玄関から入ると明るいテラス風の面持ち。


08



左手には昔からあった据え付けの食器棚がでーんと置かれている。

09


その上に大きな鉢があり、のぞくとメダカが泳いでいる。

02


奥様の趣味がここそこに表れていて、いい雰囲気を醸している。


03


ソファが置かれた応接室は、もとが和室とは思えない。


05



この大きな自在鍵(というのか)は存在感がある。

06



もとは天井裏で蚕も飼っていたという梁の部分も気の利いた展示棚になっていた。

04



こちらのコーナーは和風の小物で統一されている。

10


このカエルの燭台なかなか面白い。

07



庭に出てみたら、チューリップの花弁にアオガエルが潜んでいた。

なかなか飽きのこない山荘なのであった。

11

2013年5月12日 (日)

松山遍路(2)食い物編

引き続き、松山の旅は続く。

今回は、食い物編です。

「名物にうまい物なし」とは良く言ったもので、

銘菓とかでもがっかりすることがよくある。

しかーし、今回はうまいものづくしであった。

まずはこいつ、

『坊っちゃん団子とマドンナ団子』

そして『ポンジュース』

ポンジュースは空港の蛇口から、団子は松山城で調達した。

手前がマドンナで向こう側が坊っちゃん。

41

次は、初日の夜『にきたつ庵』で所望した夜膳「甑(こしき)」

先付けと刺身、それからメインの桶料理、吸い物、釜飯そして最後にデザート

テーブルに載り切れないくらいのボリュームだ。

2


31


32

 


34


1

料理の詳細は覚えきれないので以下の写真を参考されたい。

33

二日目、本来ならさぬきうどんを探訪するつもりであったが

残念ながらその時間は取れないことが判明したため

こんぴらうどんで手を打つことにした。

場所は今治市『かま福』だ。

数々のブログによれば愛媛県内で絶品の釜揚げうどんが食べられると言う。

釜揚げはうどんを茹でてそのまま出すのが本式であり、

水で締めることをしないのでコシは若干弱くなるがうどん本来の味が楽しめる

43

 

こじまりとした造りで老夫婦とおねえんさんの3人で店内を切り盛りしている。

人気店ゆえ混雑が予想されたが運良くすんなり入ることが出来た。

いただいたのは「釜玉(釜揚げ玉子うどん)」

よく茹でたうどんに玉子をぶっかけて出すところがあるがあれはダメ。

こちらのお店はちゃんと丼にあらかじめ生卵を割り入れ、かき混ぜた中に

茹でたての熱々のうどんを投入し、玉子が半熟状態になったところに

生醤油を垂らして、はふはふと頂く本式の釜玉。

秒単位で時間を計って茹でられるうどんはまことにもって絶品だ。

42

 

器も地元の砥部焼を使っているところが好ましい。

(実のところ大抵のうどん店は砥部焼みたいだが)

三日目、西日本最高峰の石鎚山へ行ったのであるが

途中棄権で登山口の土小屋でたむろしていた。

そこのお茶屋で頂いた焼き餅。

「ゆず餅、草餅、芋餅」(名称不明)

中に餡(こしあん、つぶしあん)が入っており、

これを熱々に焼いたのを頂く。

51


三日目、夕食は豪華山荘料理。

通称、篠さん山荘でこれでもか、と出てきた料理の数々。

まず、バーベキュー

62

そして、塩釜(鯛)

61

焼き具合もばっちり。

63

そして北海道から空輸してきた海老と海鮮。

64

これらをワインで流し込んで、もう至福の時でした。

四日目。

塩釜にしなかった鯛を「鯛飯」で頂く。

朝から贅沢なメニューでした。

71

お昼は、松山市内の人気うどん店『瓢月(ひょうげつ)』でうどん。

こちらは店内も広く、メニューも豊富な一般うどん店。

野菜天ぷらが別盛りでくる「野菜天うどん」と「肉うどん」

そしてサイドメニューとしてちらし寿司を頂いた。

こちらのうどん店はサイドメニューが豊富で天ぷら、いなり寿司は勿論のこと

おでんとかもあって色々と楽しめる。

2_3
(ちらし寿司と肉うどん)

3
(野菜天うどん)

二日目の夜の写真がないのが残念であるが、

『五志喜(大街道)』というお店で刺身、じゃこ天、じゃこカツ

そうめんを美味しく頂いた。

ホントに思い出すだに美味美食の旅であった、関係者に感謝。

だんだん。

松山遍路(1)

今年のGWは訳あって松山まで飛ぶことにした。

実に30年ぶりの再訪である。

松山といえば、「松山城」「道後温泉」「路面電車」等々

とにかく、物見遊山に徹することにする。

松山空港からリムジンバスでJR松山駅に向かう。

市内は路面電車(伊予鉄道)が整備されており、これにバスが補完しているので

公共交通でほとんどの名所旧跡を回ることが出来る、実にありがたい。

で、めずらしいのが路面電車同士の踏切。

「ふみきりちゅうい」

01
(EOS-Kiss/EF18-55/Av)

手前に伸びる線路と左右に展開する線路が交差している。

次に向かったのが「松山市駅」

実質的な交通の要衝。

大手デパートがあり、その屋上に観覧車が回っている。

02
(EOS-Kiss)

松山が生んだ俳人正岡子規の暮らした家を再現した「子規堂」

ツツジが真っ盛りで見事だった。

子規が愛した野球のボールを模したものだろうか。

03
(EOS-Kiss)

では、路面電車に乗ってみる。

一日乗車券で乗り放題なので、とにかく乗りまくる。

運転席の後ろの陣取って、窓外の風景を楽しむ

04
(EOS-Kiss)

なぜか懐かしい感じのする車内。

木張りの床がそうさせるのか

05
(EOS-Kiss)

車内左手にちょこんと置いてあるのが、コレ

06
(EOS-Kiss)

さすが、俳人子規を生んだ街だけのことはある。

俳句投稿用のポスト。

電車に乗って終点『道後温泉駅』に到着。

07
(EOS-Kiss)

道後温泉本館。実に風情がありますな。

白鷺のモチーフがある屋上の太鼓で時を告げる、のかどうかは不明。

多分違うと思います。

近くで見かけた路面表示。

水路の一部が暗きょになっていて、その上に「止まれ」

一方通行ではないからここまで寄ってから止まれということでしょうか。

08
(EOS-Kiss)

造り酒屋の門の前にさりげなく置かれていたユリの花

手水鉢でしょうか、そこに刺したように飾ってあった。

09
(EOS-Kiss)

その日の夕食は「桶料理」で有名な「にきたつ庵」

GWということもあり満席でしたが、予約してあったので大丈夫。


10
(EOS-Kiss)

酒屋さんが経営しているということもあり、お酒の酒類は豊富。

でもこれは展示用なので呑めないとのこと、残念。

かわりに地ビールをいただきました。

11
(EOS-Kiss)

以上、第1日目でした。(2日目に続く)

2013年2月 3日 (日)

春一番

2月に入って最初の週末。

急に暖かい気候になり、気象庁は『春一番』だと発表した。

朝方降っていた雨が上がると気温が急上昇。

上着も要らないくらいになった。

早速、葛西臨海公園へチャリを走らせる。

目的はずばり水仙。

そろそろ見頃との情報を受けて見に行った。

Img_1891
(10D/EF100/Av)

ちょうど日が陰り始めた時間帯なので、陰日向のコントラストが強い。

Img_1895
(10D/EF100/Av)

今回持ってきたのはマクロレンズ。

AF機能がついているがジーコジーコと前後するばかりで

合焦に時間がかかるのでMFで使い回す。

Img_1899
(10D/EF100/Av)

見ての通り、満開というにはちょっと早いかな、という咲きぶり。

今年に入って2回ほど雪が降っているのでその影響もあるのかもしれない。

Img_1888
(10D/EF100/Av)

もう少し経ったら満開になるのだろう。

満開になった日にはもう水仙の香りが漂ってなかなか良いのだが。


ふと見上げると、大観覧車がくるくる廻っていた。

夕方の日差しが窓に照り映えていた。

Img_1920
(10D/EF100/Av)

日が落ちてきたので、展望台のほうへ向かうと

ちょうど展望台越しに飛行機が見えた。

Img_1929
(10D/EF100/Av)

2013年1月20日 (日)

大寒

【大寒(だいかん)】

冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也(暦便覧)

寒いこと甚だし、特に北風が吹くともうたまりません。

先週は大雪に見舞われて大変でした。

久しぶりに葛西臨海公園に行ってみるとまだ融け切れていない雪があちこちに見られた。

海の近くとはいえ、まだまだ寒い証拠。

Img_1836
(EOS-10D/EF28-135/Av)

そうは言っても確実に春は近づいているようで

ロウバイが見事に花をつけてきていた。

Img_1828
(10D/EF28-135/Av)

小振りの花ながら、この時期に花を見るとなにか暖まるような気がする。

Img_1834
(10D/EF28-135/Av)

この時期、気候がこんなだから、園内に棲むニャンコたちもあまり見かけなくなる。

人間だって外出が億劫になるのだから、ニャンコたちだって出掛けたがらないのだろう。

彼らのネグラはどこにあるのか知らないが、どこかにジーッと潜んでいるのだろうか。

と、思いながらぶらぶらしていたらニャンコ発見!

「ちょ、ちょっと!勝手に撮らないでよ!まだスッピンなんだから!」

と身繕い中。

Img_1842
(10D/EF28-135/Av)

まだ、顔を明かせませんがちょいといい感じのニャンコのようです。

では気を取り直して・・・

『ネコヤナギとネコ』

よく似合いますなぁ、ネコヤナギとネコ

Img_1847
(10D/EF28-135/Av)

そしてテイク2

『ネコとネコヤナギ』

ネコヤナギを前ピンにしてみました。

Img_1851
(10D/EF28-135/Av)

「テヘペロ」な表情がよく撮れていますね。

次は日だまりに浸かるネコ

実際温かい。

Img_1869
(10D/EF28-135/Av)

ありがとさんでした。

とモデルネコに礼を述べつつ場所を移動

ジャーン!現れたツインズ!

オレらも写真撮りぃや!と言われているようで

すかさず撮りましたよ、ツインズ。

Img_1881
(10D/EF28-135/Av)

右と左に分かれてこちらへ向かうその行動に一部の隙もない。

じりじりと間合いを詰めてきて、右と左に展開。

「できる・・・」

この後の運命やいかに(続かない)。

2013年1月14日 (月)

新年(2013年)

色々あった一年が過ぎ、また新しい一年が始まる。

良い一年になるようにしたい。

今年は「巳年」ということで、へびの年。

この巳年というのは金運が上昇するなどと言われている。

不況から早く脱却して欲しい。

ということで銀座に出かけたら「へび」発見。

Img_1778
(EOS-10D/EF28-135/Av)

某○ル○リというファッションブランドのビルである。

どう見ても「へび」でしょ、これ。


所変わって某月某日

青天が続いているので近所にチャリを飛ばす。

え〜天気じゃのぉ〜と見てみると、「桜」が

そうであった、ここの桜はこの時期咲くのであった。

「十月桜」という種類らしい。


Img_1780
(EOS-10D/EF28-135/Av)

春咲く桜と違って、ちんまりと可愛げに咲いている。

そしてもう1カット。


Img_1782
(EOS-10D/EF28-135/Av)


某月某日 成人の日、今年初の雪

昼前から降り出した雪はみるみるうちに積もるくらいの量になった。

横殴りの吹雪みたいに降り続く・・・

Img_1787
(EOS-10D/EF28-135/Av)


もうこうなったら居ても立っても居られなくなり外へ出る。

南国生まれなので雪は珍しいし雪景色は貴重だ。

近くの野球場の壁面なのだが

ここに降り付ける雪片が面白い模様を醸し出している



Img_1791
(EOS-10D/EF28-135/Av)


さらに探検を続けると、氷河期にもだえ苦しむ恐竜を発見。

いやあ。これでは相当ダメージ受けてるみたい。


Img_1797
(EOS-10D/EF28-135/Av)

雪景色といえば、「雪だるま」が定番。

あまりの降雪量に子どもたちも出掛けていないか。

と、思っていたら居ました。いやありました雪だるま。

あまりの暴風雪に壁に潜むように佇んでいました。


Img_1813
(EOS-10D/EF28-135/Av)

さて、むじな雪だるま、誰か表情を付けてくれるのかな。


2012年11月11日 (日)

東京スカイツリー

東京スカイツリーは東京タワーに代わって新設された電波塔。

今年(2012年)竣工した。

とにかく高い、高さは634(ムサシ)m。

うちから東京タワーは見えないが、スカイツリーはよく見える。

通りを延長していってその先にぐぐっと聳えたって見えるのが気持ちいい。

Img_1557
(EOS-10D/EF28-135/Av)

竣工してから見学者が多くて混んでいるというのは

ニュースで見聞きしていたし、実際行った人からも聞いたりしていた。

だから、まぁその、何とかと煙は高いのが好きだからと自分に言い訳して

すぐに行こうなどと思いもしなかった。

が、ついつい錦糸町のランチに誘われて行ったついでに訪ねてみることになった。

最寄り駅は「押上駅(スカイツリー前)」括弧付きだがスカイツリーの名を冠している。

地下鉄の駅から地上に上がって行くとでーんとタワーが現れる。

Img_1667
(10D/EF28-135)

画角で入りきらないから、対角線を使って撮ってみた。

あまりに足元過ぎててっぺんは見えません。

ずっと見上げていると首が痛くなる。

Img_1673
(10D/EF28-135)

あまりに首が痛いので、視線を落として疲れを取ることにする。

お、ありました。観測用の風向風速計。

Img_1669
(10D/EF28-135)

高さ634mを支える鋼管は、いわゆるトラス構造になっているようだ。

真っ青な空に一筋のジェット機雲。

Img_1685
(10D/EF28-135)

スカイツリーの足元にはこれまた新設の水族館が開館した。

小笠原の海が再現されているというのが目玉らしい。

Img_1670
(10D/EF28-135)

入場料2千円也。今回は割愛。

で、その前に小さい屋上農園があり、農夫が働いている。

これだ。

Img_1677_2
(10D/EF28-135)

新名所としてのスカイツリーで忘れてならないのがショップ。

「東京ソラマチ」には、観光土産や地元ショップなどが目白押し。

あちこち見て回るうちに秋の日暮れのつるべ落とし、あっという間に日が暮れた。

よっしゃ、夜景を撮らなきゃ

Img_1708
(10D/EF28-135)

照明にも色々凝っているらしいが、詳細はwebで。

Img_1703
(10D/EF28-135)

2番目の写真と見比べてみて下さい。

ということで今回はこれにておしまい。

2012年10月28日 (日)

東京駅丸の内駅舎

東京駅丸の内駅舎が新装相成ったということで見に行った。

東京駅というのはよく利用する割には、外から見るということはほとんどなかった。

どうせ行くならと、オープンビューのバスで。

これならよく見えるぞ。


Img_1489
(10D/EF17-40/Av)

というのは、冗談で。

近くを走っていた観光バスでした。

でも、1回は乗ってみたいなぁ。

まず手始めに、駅舎全体を見ることにした。

東京駅!

Img_1526
(10D/EF17-40/Av)

バックにC62の動輪が見える。

地下コンコースに飾られている模型でした。

次に丸の内北口。

オアゾとかある方ね。

Img_1527
(10D/EF17-40/Av)

中央口。

以前赤瀬川原平さんが、(カメラの)ペンタプリズムみたいだと

いっていた、屋根部分は北口、南口は丸形に修復されたが

中央口はペンタプリズム型のまま。

Img_1529
10D/EF17-40/Av)

で、実際はというと・・・こんな感じ。

Img_1491
10D/EF17-40/Av)

はとバスをアクセントに配置してみました。

この中央口から、ずっと皇居まで続く通りが「行幸通り」

今年は、この行幸通りに駅舎新装を祝って稲を植えたみたい。

Img_1523
(10D/EF17-40/Av)

豊作のようです。稲穂が垂れてきています。

続いて、内装を見て回る。

話題になったせいで結構見学者がひしめいていた。

写真撮るのも一苦労。

Img_1478
(10D/EF17-40/Av)

八角形の組み合わせで実に美しい。

十二支の動物が飾ってあるというので探してみた。

あるある、「辰(竜)」

Img_1481
(10D/EF17-40/Av)

この八角形に十二支をどう配置してあるのか、ぐるりと見回したのが

どうやら12種類全部はないようだ。

何故だ?と考えてみたが、よくわからん。

予算の都合か、何かだろう、多分。

合間に夕食を挟んで、再度夜の駅舎を見に行く。

Img_1533
(10D/EF17-40/Av)

夜は夜で雰囲気があって、よろしい。

今度行くときは、新丸ビルのオープンテラスから撮ってみたいなぁ

そんな事を考えた一日だった。

2011年12月 4日 (日)

師走

明けましておめでとう

といっていたのが、ついこの間のようだが

いやはや、もう師走である。

そろそろ年賀状の準備をしなければいけない

その前にブログの更新をしなければ

ということで、今朝方は雨上がりのすっきりした青空が広がった

こういう時はうちからでも富士山がよく見える

こんな感じ

Img_0732
(10D/EF28-135/Av)

そして、世間的には紅葉が終わりかけていたのだった。

まずは近所の球場近くの銀杏

黄色く色付いて青空とのコントラストが気持ちいい

Img_0723
(10D/EF28-135/Av)

親水公園のいろは紅葉も真っ赤っか

Img_0728
(10D/EF28-135/Av)

Img_0731
(10D/EF28-135/Av)

公園の管理事務所の上で鳩が寒そうに止まっていた

Img_0729
(10D/EF28-135/Av)

で、そのまま臨海公園へ行ってみる

この寒空の下ネコたちはどうしているだろうか

こちらのネコはじっとしてあまり動かない

ある意味正しい対応だ。

Img_0703
(10D/EF28-135/Av)

かわってこちらのネコは身体動かして暖まるタイプなのか

ひたすら走っていた

Img_0718
(10D/EF28-135/Av)

そうそう、緑道公園のオリーブがたわわになっていた

このオリーブの実、オイルを絞るには量的には無理だから

何か他に使い道ないかな、と思う今日この頃

Img_0739
(10D/EF28-135/Av)

それにしてもこの時期の噴水っていやに寒々として

もう止めてもいいんじゃないの、と思うのは私だけ?

Img_0742
(10D/EF28-135/Av)

より以前の記事一覧