2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
フォト
無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ

2015年2月

2015年2月 8日 (日)

松陰神社と豪徳寺

2月初め、久しぶりにカメラを持って出掛けた。

以前から行きたいと思っていながら中々行く機会がなかったところ・・・

それは、世田谷区にある「松陰神社」

長州藩の偉人吉田松陰を祀る神社だ。

なぜここに松陰神社があるか、詳細は知らずにいたが

安政の大獄で処刑された後、文久三年(1863)に松陰の門下生であった

高杉晋作、伊藤博文等によって、当時長州毛利藩主毛利大膳大夫の所領で

大夫山と呼ばれていたこの地に改葬された。と説明があった。

そして、明治15年(1882)11月松陰門下の人々が相談し、墓畔に社を築いて御霊を祀り、神社が創建されました。

とある。
今回は東急世田谷線その名も「松陰神社前」から歩き出す。
Img_9311_2
(EOS-KissX3/EFS18-55)
鳥居をくぐり、参道を進んでいくと立派な社殿が見えてくる。

祭神は吉田松陰こと「吉田寅次郎藤原規方命(よしだとらじろうふじわらののりかたのみこと)」

とある。
Img_9322
(X3/EFS18-55)

この社殿の作りが一種独特とみたが、それを考察する知識がない。

奥の社殿の屋根につく千木や鰹木の配置がクロスしたかたちになっている

あまり見たことがない構造。
それはそうと説明板にあったお墓をお参りしようと左側へ移動。

鳥居を二つくぐっていくと右手に石柱に囲まれたお墓が現れた。

_mg_9333
(X3/EFS18-55)
ここにもきちんと説明板が掲げてあり、わかりやすい。
銘をよく見ると祭神名の通りの名が刻んであった。


Img_9332
(X3/EFS18-55)
社殿の右手には「松下村塾」が再現されている。

わざわざ山口県萩まで行くことなく松下村塾を見られるのはありがたい。

もちろんこちらはレプリカなのだが、木材の切れ込みなどこれでなかなかよくできている。


_mg_9324
(X3/EFS18-55)
入口左手にさりげなく今年の大河「花燃ゆ」のポスターが貼ってあった

さりげなくというには、画面構成上あまり芳しくないか・・・

もう少し控えめにお願いしたいところ。


そして、ここから程なく歩いていくと『世田谷城』跡がある。
たしかタモリ倶楽部かブラタモリでで中継したことがあったような気がする。

写真は割愛。

世田谷城後の横には地名にもなっている『豪徳寺』がある。
正式名称は『大谿山豪徳寺(だいけいざんごうとくじ)』。

曹洞宗の大層立派なお寺さんである。
それもそのはず江戸幕府大老を務めた井伊直弼の墓があるれっきとした井伊家の菩提寺だ。

Img_9379
(X3/EFS18-55)
   
説明書きによると、豪徳寺は、世田谷城主吉良政忠が、文明12年(1480)に亡くなった伯母の菩提のために建立したと伝える弘徳院を前身とする。
そして寛永10年(1633)彦根藩世田谷領の成立後、井伊家の菩提寺に取り立てられ、

藩主直孝の法号により豪徳寺と改称した。

とある。

奇しくも、谷ひとつ隔てて安政の大獄を企てた井伊直弼の墓と投獄され刑死された吉田松陰のお墓が

こんなに近くにあるとは何か因縁めいたものを感じる。

近年はそんなことより「招き猫」のお寺の方で有名になって、猫好きの方々に注目されている。

それがこれだ!

Img_9362
(X3/EFS18-55)

ちょっとエグザイルっぽいかと思って撮ったけど、いまひとつ。

しかし、これはやはり商売繁盛なのかな・・・
大中小極小と招き猫が奉納してある。


Img_9360
(X3/EFS18-55)

これだけあるとやはり迫力あるな。

最後に、吉田松陰先生の坐像を掲げて今回のブログはおしまい。


Img_9337
(X3/EFS18-55)
後記:何だかブログアップするのに期間が空きすぎて要領を忘れてしまった。
今年はぼちぼちアップするようにしたいという所存であります。

« 2013年5月 | トップページ