2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
フォト
無料ブログはココログ

« 松山遍路(2)食い物編 | トップページ | 松陰神社と豪徳寺 »

2013年5月19日 (日)

松山遍路(3)山荘編

松山遍路の後半、今回のメインイベントのひとつ「石鎚山」登頂である。

「石鎚山」は西日本最高峰にして標高1982m。

そうそう簡単に登れるものではない。

山岳信仰の山らしく石鎚神社の名を冠する神社が登山口に2カ所

頂上に1カ所ある。


我々は早朝起床し、石鎚スカイラインを通ってぐんぐんと高度を稼ぎ

土小屋(標高1492m「伊予の国」と覚える)に取りつく。

ここからだと往復4時間半の行程。近い。

土小屋からはくっきりと頂上が見え、右下に「石鎚頂上社」が確認できる。

01
(EOSKiss)


さて、石鎚山行を終えた我々は帰途第45番札所「岩屋寺」を横目に見ながら

古岩屋荘で遅い昼食をとる。

岩屋寺は長〜い参道で知られるが、いつかここにも挑戦したいものだ。


で、今回のメインイベントのひとつ「篠さん別荘」を堪能する。

古民家を改装して見違えるようになっていて、我々の想像を超えた出来映えだ。

玄関から入ると明るいテラス風の面持ち。


08



左手には昔からあった据え付けの食器棚がでーんと置かれている。

09


その上に大きな鉢があり、のぞくとメダカが泳いでいる。

02


奥様の趣味がここそこに表れていて、いい雰囲気を醸している。


03


ソファが置かれた応接室は、もとが和室とは思えない。


05



この大きな自在鍵(というのか)は存在感がある。

06



もとは天井裏で蚕も飼っていたという梁の部分も気の利いた展示棚になっていた。

04



こちらのコーナーは和風の小物で統一されている。

10


このカエルの燭台なかなか面白い。

07



庭に出てみたら、チューリップの花弁にアオガエルが潜んでいた。

なかなか飽きのこない山荘なのであった。

11

« 松山遍路(2)食い物編 | トップページ | 松陰神社と豪徳寺 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552642/57414789

この記事へのトラックバック一覧です: 松山遍路(3)山荘編:

« 松山遍路(2)食い物編 | トップページ | 松陰神社と豪徳寺 »