2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
フォト
無料ブログはココログ

« 松山遍路(1) | トップページ | 松山遍路(3)山荘編 »

2013年5月12日 (日)

松山遍路(2)食い物編

引き続き、松山の旅は続く。

今回は、食い物編です。

「名物にうまい物なし」とは良く言ったもので、

銘菓とかでもがっかりすることがよくある。

しかーし、今回はうまいものづくしであった。

まずはこいつ、

『坊っちゃん団子とマドンナ団子』

そして『ポンジュース』

ポンジュースは空港の蛇口から、団子は松山城で調達した。

手前がマドンナで向こう側が坊っちゃん。

41

次は、初日の夜『にきたつ庵』で所望した夜膳「甑(こしき)」

先付けと刺身、それからメインの桶料理、吸い物、釜飯そして最後にデザート

テーブルに載り切れないくらいのボリュームだ。

2


31


32

 


34


1

料理の詳細は覚えきれないので以下の写真を参考されたい。

33

二日目、本来ならさぬきうどんを探訪するつもりであったが

残念ながらその時間は取れないことが判明したため

こんぴらうどんで手を打つことにした。

場所は今治市『かま福』だ。

数々のブログによれば愛媛県内で絶品の釜揚げうどんが食べられると言う。

釜揚げはうどんを茹でてそのまま出すのが本式であり、

水で締めることをしないのでコシは若干弱くなるがうどん本来の味が楽しめる

43

 

こじまりとした造りで老夫婦とおねえんさんの3人で店内を切り盛りしている。

人気店ゆえ混雑が予想されたが運良くすんなり入ることが出来た。

いただいたのは「釜玉(釜揚げ玉子うどん)」

よく茹でたうどんに玉子をぶっかけて出すところがあるがあれはダメ。

こちらのお店はちゃんと丼にあらかじめ生卵を割り入れ、かき混ぜた中に

茹でたての熱々のうどんを投入し、玉子が半熟状態になったところに

生醤油を垂らして、はふはふと頂く本式の釜玉。

秒単位で時間を計って茹でられるうどんはまことにもって絶品だ。

42

 

器も地元の砥部焼を使っているところが好ましい。

(実のところ大抵のうどん店は砥部焼みたいだが)

三日目、西日本最高峰の石鎚山へ行ったのであるが

途中棄権で登山口の土小屋でたむろしていた。

そこのお茶屋で頂いた焼き餅。

「ゆず餅、草餅、芋餅」(名称不明)

中に餡(こしあん、つぶしあん)が入っており、

これを熱々に焼いたのを頂く。

51


三日目、夕食は豪華山荘料理。

通称、篠さん山荘でこれでもか、と出てきた料理の数々。

まず、バーベキュー

62

そして、塩釜(鯛)

61

焼き具合もばっちり。

63

そして北海道から空輸してきた海老と海鮮。

64

これらをワインで流し込んで、もう至福の時でした。

四日目。

塩釜にしなかった鯛を「鯛飯」で頂く。

朝から贅沢なメニューでした。

71

お昼は、松山市内の人気うどん店『瓢月(ひょうげつ)』でうどん。

こちらは店内も広く、メニューも豊富な一般うどん店。

野菜天ぷらが別盛りでくる「野菜天うどん」と「肉うどん」

そしてサイドメニューとしてちらし寿司を頂いた。

こちらのうどん店はサイドメニューが豊富で天ぷら、いなり寿司は勿論のこと

おでんとかもあって色々と楽しめる。

2_3
(ちらし寿司と肉うどん)

3
(野菜天うどん)

二日目の夜の写真がないのが残念であるが、

『五志喜(大街道)』というお店で刺身、じゃこ天、じゃこカツ

そうめんを美味しく頂いた。

ホントに思い出すだに美味美食の旅であった、関係者に感謝。

だんだん。

« 松山遍路(1) | トップページ | 松山遍路(3)山荘編 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552642/57367637

この記事へのトラックバック一覧です: 松山遍路(2)食い物編:

« 松山遍路(1) | トップページ | 松山遍路(3)山荘編 »