2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
フォト
無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年6月

2011年6月19日 (日)

ビワとアジサイ

梅雨真っ盛り

ながら、今日は明るい曇り空となった。

まずはメモ、アジサイについて

・雪の下科アジサイ属

・Hydrangea(ハイドランジア)

・語源:ギリシャ語「hydro(水)+angein(容器)」が語源

・土壌が酸性だと青色、アルカリ性だと赤色っぽくなる。


以上、いつもお世話になっている山本さんのサイトから引用。


前夜の雨が滴っている早朝に緑道公園を散策


Img_3115
(X3/EF28-135/Av5.6)

ガクアジサイも色々な種類が増えた。

Img_3117
(X3/EF28-135/Av5.6)

額(萼)とわかっていながら、まるで花びらのようだ。

Img_3137
(X3/EF28-135/Av5.6)

雰囲気を変えるためにここで違う花をいれる。

撮ってる方も見ている方も気分転換が必要。


Img_3125
(X3/EF28-135/Av5.6)


そういえば、かりんが実をたくさんつけていた。

今年は豊作だ。


Img_3113
(X3/EF28-135/Av5.6)


地物のビワもたくさん実をつけていた。

これまた豊作のようだ。

ちょっと高くて手が届かないのがちょっと残念。


Img_3130
(X3/EF28-135/Av)


このぶんだと、栗も豊作になるかな・・・

花満開だ。


Img_3126
(X3/EF28-135/Av5.6)


さて、本題に戻ってアジサイ

株が大きくなるとスケール感が増してきて

たかがアジサイされどアジサイ見応えがある。



Img_3143 (X3/EF28-135/Av5.6)


こんな低いところにもちゃんと咲くんだねえ。

上から目線で、眺めてみる。


Img_3147 (X3/EF28-135/Av)


Img_3149
(X3/EF28-135/Av)

      

2011年6月12日 (日)

ネコとアジサイ

ベランダにあるプランターに蒔いた朝顔のタネが次々と芽を出してきている。

今年の夏はグリーンカーテンで涼しげになる(だろう)。

ということで、久し振りの休日。

梅雨真っ盛りなのでアジサイを撮りにいつもの葛西臨海公園へ

早朝だったのだが、結構人がいることがわかった。

ほとんどがランナー系の人達。

実に健康的な風景である。

まずは大輪のアジサイを見つける

Img_3065
(X3/EF28-135/Av5.6)

型通りではあるが、お約束の大観覧車を入れてみる。

Img_3078
(X3/EF28-135/Av)

売店あたりで、看板ネコが挨拶に出てくる。

いやぁ久し振り!

今日は雨が降らなくてよかったねぇ

Img_3068
(X3/EF28-135/Av5.6)

ミャアミャア言いながら仲間もやってくる。

ふふふ、エサは持ってきていないからね

エサは別のおじさんに貰っとくれ

Img_3070
(X3/EF28-135/Av5.6)

朝だから身だしなみをしています。

陰からこっそり

Img_3073
(X3/EF28-135/Av)

おっと、アジサイを撮りにきたんだった

駅近くの通りを散策

Img_3081
(X3/EF28-135/Av)

最近は、ガクアジサイが流行ですな。

花弁は小さいけど、形が面白い。

Img_3083
(X3/EF28-135/Av)

色違いもある。

Img_3086
(X3/EF28-135/Av5.6)

花火の連発みたいな

Img_3089
(X3/EF28-135/Av)

Img_3090
(X3/EF28-135/Av)

と、海辺近くで別のネコさんに遭遇

尺取り虫と戯れていたところだったようだ。

ダブルショットでどうぞ

右下隅に注意!

Img_3091
(X3/EF28-135/Av5.6)

ちょっと一枚いいですか?

はい、ポーズ!

Img_3095
(X3/EF28-135/Av5.6)

おっと、アジサイを撮りにきていたんだった。

陸側へ戻って、桜並木を散策。

おおきな株がたくさんの花を咲かせている。

Img_3106
(X3/EF28-135/Av5.6)

ガクアジサイはもう少しで満開だな。

Img_3110
(X3/EF28-135/Av5.6)

では、ネコさんさらば、また今度ねー

Img_3097
(X3/EF28-135/Av)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »