2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
フォト
無料ブログはココログ

« 東北地方太平洋沖地震<極私的被害調査> | トップページ | 東日本大震災<浦安> »

2011年3月15日 (火)

東北地方太平洋沖地震<公的被害調査>

本日は隣接する浦安市の要請を受けて大震災被害調査を行ってきた。

聞きしに勝るというか、予想以上というか

とにかく首都圏でありながらこんなに被害が深刻だとは思わなかった。

なぜ、報道に載らないのか不思議なのだが

激甚災害地域の報道が優先されるのはわかるが

もう少し均等なというか広くというか漏れなくというか

そういう報道を望む。

Twitter上でも「輪番停電」ならぬ「輪番報道」をという意見があるが

どの局も同じような放送をしているのだから

もう少し内容を見直すべきではないの、と思うのであった。

で、浦安市。

通称、中町、新町と呼ばれる、いわゆる埋立地地区が被害が甚大。

液状化に伴う、噴砂、陥没、亀裂、マンホールの突出などが見られ

道路交通、上下水道やガスなどのインフラに影響を与えており

特に水道管漏水による給水停止、下水道の損傷によるトイレ等の障害は

一般市民生活に深刻なダメージを与えている。

Img_0220
(iPhone4)

液状化により砂が噴出、歩道も車道も見分けがつかなくなっている。

道路には亀裂が入っており、通行上も支障がある。

Img_0219
(iphone4)

地盤沈下を起こし、支えきれなくなったベランダが落下した住宅。

Img_0222
(iPhone4)

歩道に設置されている下水用マンホールが地上に浮き出している。

Img_0223
(iPhone4)

この路線の下水道は連続してマンホールが突出。

このままでは通行障害になるのは勿論だが、下水を流すことができない。

Img_0221
(iPhone4)

ここまでくると、驚きを通り越して感嘆すら覚える。

このまま記念として残したいくらいだ。

通行する市民も「記念写真」を撮っていた。

Img_0225
(iPhone4)

新浦安駅前のダイエー入口。

歩道側が液状化で陥没し、インターロッキングブロックが破損している。

ちなみにこの日は計画停電で、一時的に営業を停止したようだ。

Img_0227
(iPhone4)

同じく新浦安駅前のバス停。

ご覧の通り歩道全体が動いたのか縁石が破損している。

停留所の看板も傾いでしまっている。

液状化で吹き出した砂を一応除去してあるのだが

取りきれない細かい砂が乾燥して、車道に残っている。

風や自動車の動きにつられて、もうもうと砂が舞い

まるで火山灰のようだ。

いわゆる二次災害ですな。

« 東北地方太平洋沖地震<極私的被害調査> | トップページ | 東日本大震災<浦安> »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552642/51122892

この記事へのトラックバック一覧です: 東北地方太平洋沖地震<公的被害調査>:

« 東北地方太平洋沖地震<極私的被害調査> | トップページ | 東日本大震災<浦安> »