2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
フォト
無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月24日 (日)

霜降

【霜降(そうこう)】

 つゆが陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也

 もう霜が降りる季節となってしまったか
 これから紅葉が本格化するのだな 
 さすがに外出のときは半袖は着ない。

 しかして、この時期桜が咲くのだ

「十月桜」あるいは「冬桜」とも

昔運河だったところの新左近川親水公園には
この時期冬桜が咲いている。

春の桜と違い、小振りではあるが桜は桜
ちぃとばかし葉も繁る

Img_0293
(10D/EF28-135/Av5.6)

青空に映えて白い花が可憐だ。

Img_0295
(10D/EF28-135/Av5.6)

セイタカアワダチソウも盛りを迎えている

この外来種はそーとー繁殖力が強いらしく
街中だろうが郊外だろうが
あちこちで見かける。

水族園の脇にもざわざわと咲き誇っている。

Img_2172
(X3/EF-S18-55/Av5.6)

毒々しい色のこの花をみていると
思わず引っこ抜きたくなる。

それに引きかえ、ススキはいい。
秋の陽光を受けてきらきらする穂もいいし
夕焼けの中に黒く沈むシルエットもいい。

いかにも秋の風情を醸し出している。

Img_2131
(10D/EF28-135/Av5.6)

日も暮れかかる時刻に荒川を走っていたら
釣りをする人がいた。

最近、このあたりで釣りをする人が増えた気がする。
ボラでも釣れるのだろうか

Img_2148
(10D/EF28-135/Av8)

遠くに目をやると
渡り鳥が巣に帰ろうと、徒党を組んで
もとい
群れになって帰っているところだった。

Img_2175
(X3/EF-S18-55/Av)

2010年10月23日 (土)

たことほたる

某月某日
行くあても無いままチャリを走らせる。
ハンドルは自然に海の方角に向いている。
川面を渡る風が心地いい。
視野が急に開けてくる。
あ〜またも来てしまった。
臨海公園。

人工なぎさの向こうに海ほたるがくっきりと見える。
陽光を受けて壁面がペカーッと光り輝いていた。

ああ、ここも「収容所」になる運命なのか
と、ひとり『20世紀少年』ネタを思い出す。

Img_2160
(X3/EF-S55-250/AV)

視点を右にずらと
をを、何じゃこれは
たこのマスゲーム?

動画でお伝えできないのが残念だが
10基ほどのたこが実に統制のとれたのごとく
小気味良く乱舞しているのだ
もとい統制がとれた乱舞はありえん。
演舞ですな。

Img_2165
(10D/EF-S55-250/Av)

一体どうやっているのかと目を凝らすと
老眼の気のあるこの駄眼ではしかと見えず
仕方なくニコン高級オペラグラスを
ポケットから取り出そうとしたが
最近物忘れがひどいこの身、持ってくるのを忘れていた。

仕方なくカメラのファインダーをのぞく。
(最初からそうすればよかったのだ)

なるほど、スポーツカイトみたいになっているのね。
なのだった。

Img_2162
(X3/EF-S55-250/Av)

しかしまぁ、天気のいいこと
と思いながら公園内を走っていると
巨大なステージが組まれていた。

これがあの「エー・ケー・ビーですかい」
ここまで進出してきたとは
ひとこと挨拶があってもいいんでないかい
と、急に北海道弁で考えたが
知らないということは時にはいいこともあるのだね。

Img_2170
(X3/EF-S18-55/Av)

一旦うちに帰り、
やれやれ今日も行ってしまった、かと
ひとりごちていると
何だあれは?
「一反木綿!?」

こんな昼日中に出るはずはなかろうものを
でも、いい雰囲気出している。

よ〜っく見てみて

Img_2154
(X3/EF-S18-55/Av)

実りの秋

気がつけば暑かった夏が嘘のように涼しい気候になった。
秋だなぁ

春咲いた花々も実を付け
実りの秋を迎えている。

緑道公園の栗の実も
ぱっくりと開いていかにも食欲をそそる。
しかしてこの実を採っていいものか
良心の呵責にさいなまれ
結局「撮る」だけにしておく。

Img_2093
(10D/EF85)

続いて、かりん。
果実酒として利用すれば
のどにいいと言われている。

以前、秘密の某大学植物園で拾ってきた実を
かりん酒につけたことがあった。

Img_0252
(10D/EF85)

誰も採らないのにいつの間にかなくなっている。
というのがこうした公園の果実類だ。
一体誰がいつ、いかなる時に収穫しているのか?

以前、早起きして見回りしたことがあったが
その時点でもう「実」はなかった。
もっと早起きして「収穫」する御仁がいるのか
はたまた深夜に「奪取」する輩がいるのか
不明のままだ。

Img_0254
(10D/EF85)

「かくれみの」の実を見たのは初めてだ。
そもそも名札がなければこれが「かくれみの」とは
気づかなかったに違いない。

簑笠の「みの」かと見当はつくし
「かくれ」がつけば天狗か彦一だろうと
こちらも見当がつく。
面白い名前だ。

Img_0253
(10D/EF85)

秋といえばコスモス
漢字で書けば「秋桜」ですな。
さだまさしが山口百恵に書いた楽曲で
この字は憶えた。
秋桜子の名前はその後だった。
これで世代がわかるというものだ。

Img_2072
(10D/EF85)

2010年10月10日 (日)

体育の日

『体育の日』
といえば
東京オリンピックが開催されたことから由来する
ということを知るのはだいぶ経ってから。

たまたまだけど
東京オリンピック開催地である
代々木公園を訪ねる機会があった。

緑が多く、広々とした園内は
平日だというのに結構人がいる。

Img_0142
(iPhone4)

神南というかJR原宿駅の出口近くに
当時の選手宿舎が保存されていた。
「オリンピック記念宿舎」とある。

Img_0148
(iPhone4)

当時は仮設ということもあり
木造になっている。

よくいえば、シンプル。
ありてーにいえば素っ気ないデザイン。
ただ何となく時代を感じさせる
当時としては結構モダンだったんだろうな。

Img_0150
(iPhone4)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »