2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
フォト
無料ブログはココログ

« 夏至 | トップページ | 小暑 »

2010年7月 4日 (日)

半夏生

【半夏生(はんげしょう)】
二十四節気をさらに細分化した七十二候のひとつ
夏至の末候で梅雨の後期に入る一つの目安とされた
農事でいえば田植えの限界時期
この頃までに田植えを終えなくてはならないとされた

Img_1531
(X3/EF-S18-55/Av5.6)

梅雨も後期ということで紫陽花も咲き誇っている。
雑用で江戸川区役所の近くまで行った。
うちからチャリで30分程。
近くに「香取神社」があるので行ってみた。
以前行った時はサクラ咲く春の頃だった。
ここのサクラは里桜系の八重のしかもピンク系のサクラと
記憶していた。
が、その樹は跡形も無くなっていた。
どうやら新しく境内を整備した際になくしたようだ。
境内にサクラのある神社で珍しいと思っていたのに
実に残念。

それでも境内には末社のまわりに紫陽花が植えられてあり
よく手入れされている。
最近人気の「隅田の花火」も三連発であった。

Img_1534
(X3/EF-S18-55/Av5.6)

これより「小松川親水公園」に沿って南下
荒川(中川)に限りなく接近した辺りに古刹を発見
「永福寺」というらしい
梵鐘もある立派なお寺さんだ。

Img_1536
(X3/EF-S18-55/P)

梵鐘があるとついつい突きたくなるが
それは我慢我慢
ふと見上げると珍しいものを見つけた
梵鐘の屋根を支える鬼の像である。

Img_1537
(X3/EF-S55-250/P)

なんかこう、肩凝りそう
最近肩こりに悩む自身を振り返って
こういうのはやだなあ〜とつぶやく
しかしまぁこのアクセントは実にいいですな。
肩こりは別にして遊び心が感じられる。

さらに中川沿いを南下する
道が大きくカーブするところにさしかかる。
大魔神だ。

Img_1540
(X3/EF-S18-55/P)

あうんのごとく2体
反対側にも大魔神

Img_1541
(X3/EF-S18-55/P)

何でここに大魔神が!?
何かの守護を任せられているのか
とりあえず中に入ってみることにした。

Img_1546
(X3/EF-S18-55/P)

中央が中川、左手の高架が首都高中央環状線
そのさらに左側が荒川というロケーション。
ちなみに向きは正面が上流側(北側)となる。

ぐるりと見渡すと、をを建設中のスカイツリーが見える。
そういえばうちにもとうとう地デジカが来たのだった。
残すところあと1年を目前にしてどうにか滑り込んだ
しかし、ハイビジョンはええですよ。
もうアナログ画像にはもどれませんな。

Img_1543
(X3/EF-S18-55/P)

中央やや右手奥にスカイツリー

何はともあれ、大魔神の謎を追って歩き回ったが
解答は見つからず。

気がつけばもう昼飯時
ということで江戸川競艇を後にしたのだった。

Img_1542
(X3/EF-S18-55/P)

追記
江戸川競艇内には食堂、喫茶施設も完備され食事も楽しめる。
料金もリーズナブルでなかなか良さげ。

« 夏至 | トップページ | 小暑 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552642/48791980

この記事へのトラックバック一覧です: 半夏生:

« 夏至 | トップページ | 小暑 »